みなみかしわ駅ノ歯科

Web予約
ご予約・お問合せ
04-7170-0083

みなみかしわ駅ノ歯科

MENU

インプラント

IMPLANT

インプラントImplant

当院は検査、手術、アフターケアまで一貫して院内で行える環境が整っていることはもちろん、インプラント症例の経験を積んできた歯科医師が診療を行います。

インプラントについてAbout Implant

インプラントとは?

インプラント

歯を失った場所の見た目を回復し、快適に咬めるようにする治療です。

骨の中にチタン製のスクリュー(土台)を入れて、その上に歯の頭部分としてかぶせ物を装着することで、天然の歯と変わらない見た目と咬み心地を得られます。

インプラントの構造

顎の骨に埋め込む「フィクスチャー(人工歯根)」
歯とインプラントを繋ぐ「アバットメント(支台)」
歯の頭部分になる「人工歯(上部構造)」
の3つの部分から構成されています。

メリットデメリット
・自分の歯のように噛める
・歯を気にすることなく生活ができる
・自然で美しい見た目に仕上がる
・周囲の歯への負担少なく、長持ちする
・他の治療法と比べて費用が高い
・外科手術の際に痛み・腫れ・出血・合併症が起きることがある

インプラントの種類

インプラントは失った歯の場所や本数に応じて様々な種類があります。
全ての歯を失ってしまった方は、総入れ歯を応用したインプラントオーバーデンチャー、All-on-4~8といった全顎インプラントも可能です。

インプラント1本単独
1本単独1本だけインプラントを埋入する方法です。
インプラントブリッジ
インプラントブリッジ歯を複数本失った場所の両端にインプラントを埋入し、それを固定源にして、連なった人工歯を橋のようにかける方法です。
インプラントオーバーデンチャー
インプラント
オーバーデンチャー
インプラントを2~4本埋入し、それを固定源にして、総入れ歯を取り付ける方法です。
All-on-4
All-on-4~8インプラントを4~8本挿入祖、それを固定源にして総入れ歯を取り付ける方法です。オーバーデンチャーよりもしっかり咬めます。
All on 4~8
All on 4~8

All on 4の説明を動画でご覧いただけます。

総入れ歯でしっかり物を咬みたい方にお勧めの治療法です。
インプラントスクリューを4~8本入れ、その上にブリッジ状に歯の頭部分を10~14本固定します。
骨量、骨の硬さによっては、インプラントを入れた日に仮歯を装着することも可能です。
かぶせ物を完全に固定することで、違和感が少なくなります。

インプラント治療の流れ

  • 1:問診
  • 2:口腔内診査
  • 3:2次元レントゲン、診査
  • 4:3次元CT診査
  • 5:クリーニングなどの前処置
  • 6:インプラント手術
  • 7:抜糸
  • 8:アバットメント(土台)装着
  • 9:クラウン装着

※むし歯・歯周病がある、かみ合わせが悪い、難症例などで骨造成が必要といった場合は、手術の前に先にそれらの治療を済ませます。口腔環境が悪いままインプラント手術を行なうと、術後に悪影響を及ぼすことがあるためです。
治療後、口腔環境が安定したことが確認できましたら、インプラント手術を行います。

当院のインプラント治療の考え方Our Implant

本当にインプラントが必要な方にのみ施術します

当院では患者様のご希望を第一に、どうしても必要だとお考えの方にのみインプラント治療を行いたいと考えております。
昨今、インプラントを強く勧められて断ることができず、望まない治療を受けてしまった方のお話を耳にします。
繰り返しになりますが、当院では上記のような一方的な見解や治療の押し付けは絶対にいたしません。患者様の状況を把握したうえでインプラントの適正についてお伝えし、治療の選択は患者様にお任せしております。

当院のインプラント治療の特徴Feature

検査、手術、メンテナンスまで一貫して院内で行えます

インプラント治療を受ける際に、設備等の都合で院外で検査や手術を受けざるを得ないケースも少なくありません。
当院は院内にCTを完備しておりますので、必要な検査はすべて医院で行えます。
難症例を含め、手術や術後メンテナンスも院内で行う環境が整っております。

難症例にも対応します

骨の状態や、持病などの影響で他院でインプラント治療を断られてしまった方は、一度当院へご相談ください。
骨造成などの高度な治療や、全身管理を行いながらの手術も可能です。
当院のインプラント担当医は学会やインプラントセンターにて研鑽を重ねており、手術は院長とインプラント専門医が執刀いたします。
どうぞ安心してお任せください。

静脈内鎮静法が可能です

持病がある方や、手術に対して恐怖心の強い方には「静脈内鎮静法」が可能です。
静脈内鎮静法は、点滴で鎮静剤を注入することで、眠ったまま手術を受けていただける歯科麻酔です。
全身麻酔と異なり体にかかる負担が非常に少ないことが特徴です。
麻酔中はご自身で呼吸ができ、呼びかけに反応できます。また、入院の必要もないため、術後1時間前後お休みいただき、麻酔が抜けたことが確認できたらご帰宅いただけます。

世界的に安全性が認められているインプラント体を使用します

インプラント治療で非常に大切なのが、使用するインプラント体です。
インプラント体のメーカーは世界に何百社とありますが、これから体の一部となるインプラントを選ぶ際に最も大切にしていただきたいのが、「安全性」です。

当院で使用するインプラント体は、長年に渡って臨床実験が実施され、その安全性が世界的に認められている、ストローマン社・ノーベルバイオケア社を使用しております。
どちらのメーカーも世界的にトップシェアを誇るため、国内外問わず、もし転勤や引っ越し等で当院に通えなくなってしまった場合でも、ご転居先でメンテナンスが可能な歯科医院を見つけることが可能です。

Strauma nn PARTNERS Nobel Biocare

料金表Price

(表示価格は全て税抜です)

All 0n 4~8 All on 4 2,500,000円
フィクスチャー追加 100,000円/本
フィクスチャー(人工歯根) ストローマン 150,000円
ノーベルバイオケア 150,000円
マイティスアロー 100,000円
投薬 静脈鎮静法 58,000円
単純埋入 お薬代 2,000円
骨造成用 お薬代 5,000円
印象 型取り 4,800円
アバットメント(土台) チタン製 58,000円
ジルコニア製 78,000円
上部構造 かぶせ物 自費メタルクラウン 29,000円
ハイブリッドセラミック 49,000円
メタルボンド ノンプレシャス 59,000円
メタルボンドクラウン 98,000円
セミオーダーセラミック 78,000円
フルオーダーセラミック 98,000円
骨造成 GBR 98,000円
サイナスリフト 188,000円
ブロック骨移植 288,000円

よくある質問Q & A

治療が怖いです。どうにかなりませんか?
強い恐怖心をお持ちの方や、長時間の治療が心配という方には、静脈内鎮静法が可能です。
リラックスするお薬を点滴することで眠った状態になり、恐怖や痛みを感じずに治療を受けることができる麻酔法です。
全身麻酔と異なり、呼びかけにも応答でき、入院の必要もありません。
麻酔は専門の麻酔科の先生が行いますので、ご安心ください。
骨が少ないと言われた場合、なぜインプラントは受けられないのですか?

インプラントは骨の中に納める必要があるため、骨が少ないとインプラントが納まらない=治療を行うことができません。
ただ、骨が少ない場合は、人工骨等で骨量を増やす「骨造成」を行った上でインプラント治療を行なうことができます。
造成した骨は約半年でご自分の骨に置き換わっていきます。

骨造成

骨造成

持病があるのですが、手術は受けられますか?
インプラント治療は外科手術を行うため、体の健康状態を把握することが重要です。
持病や治療中のご病気がある方は、かかりつけのお医者さんと相談の上、インプラント治療を行うかを決めていきます。
※当院では全身管理を行ないながらのインプラント手術も可能です。ただし、病状により治療が行えない場合もあります。
通院は何回程度必要でしょうか?
インプラント治療は外科手術が1回で済む方法(一回法)と、2回行う方法(二回法)があり、治療法や治癒の速度によって通院の回数や期間が異なります。
このように個人差があるため、あくまでも目安ではありますが、3~6ヶ月前後をご想定ください。
また、骨が少ない方は手術の前に骨造成の治療として別途3~6ヶ月前後必要になります。
インプラントはどれくらい持ちますか?
術後10年後に使えている方が平均95%と言われており、きちんとメンテナンスを行なえば半永久的に使用していただくことができます。
インプラントが使えなくなってしまう原因の多くは、インプラント歯周炎(歯周病)です。
ご自身の歯と同じように、インプラントも定期的な健診とクリーニングを受けに通院することが、長持ちの秘訣です。
歯周病ですが、インプラント治療は可能ですか?
インプラントを受ける方で歯周病やむし歯があった場合、必ず治療後に手術を行わせていただいています。
インプラントを成功させるためには、骨の量が必須ですが、歯周病は骨を溶かす病気です。もし歯周病を治療せずにインプラントを行った場合、歯周病で骨はどんどん減ってゆき、安定するどころか、インプラントをダメにしてしまうだけなのです。
こうした理由から、当院では必ず口腔環境を改善してから、インプラント治療を行っています。
手術前後の痛みや腫れはありますか?
まず、治療中は埋入部位にきちんと局所麻酔を行なってから施術いたしますので、痛みは感じませんのでご安心ください。
術後は埋入部に腫れが起こることがあります。腫れの度合いは個人差がありますが、次第に引きます。痛みに関しては、処方する抗生物質・痛み止めで充分ご安心いただけます。
まれに内出血が起き、お顔の一部が紫色に変色することもありますが、こちらも次第に引きますのでご安心ください。
上記以外でご不安な症状が出た際は、お気軽に当院までご相談ください。
pagetop