みなみかしわ駅ノ歯科

Web予約
ご予約・お問合せ
04-7170-0083

みなみかしわ駅ノ歯科

MENU

インプラント

IMPLANT

インプラントImplant

インプラント

インプラント

骨の中にチタン製のスクリューを入れて、その上に歯の頭部分をかぶせ物で装着し、見ためを回復し、咬めるようにする治療です。

インプラント治療は、CT撮影をあらかじめ行い、骨を3Dの立体的に診査した上で行います。
お体が健康で、骨が十分あり、インプラントをそのまま入れることで治療します。骨量が不十分である場合、骨を作ってからインプラントを入れることで治療します。
お体で不調がある方は、かかりつけのお医者さんと相談の上、インプラント治療するか決めていきます。

処置によっては長時間に及ぶことがあります。また、インプラント処置に強い恐怖心をお持ちの場合、静脈鎮静法という、リラックスするお薬を専門の麻酔科の先生に点滴してもらうことでインプラント処置することもできます。

インプラント治療に関しての当院の考え方

歯が失われていることは病態ではなく、状態の一種と考えられています。インプラント治療はあくまで失われた歯を再構築する治療法の選択肢の一つに過ぎません。

昨今、インプラント治療を押し付ける医療誘導を行う風潮がありますが、当院では患者様の御希望を汲んで、どうしても必要とお考えの方に施術するものとして取り組んでいます。必要な方の御希望に添える様、常に最新の技術、知識を得るため、学会、講習会に参加しております。難症例に関しても、日本有数のインプラント専門医と共同で手術を行う環境が整っています。入れ歯で満足できない方等、インプラントに御興味をお持ちの方は、治療法の押し付けは決していたしませんので、お気軽に御相談ください。

一般的なインプラント治療の流れ
1問診
2口腔内診査
32次元
レントゲン
診査
43次元CT診査
5クリーニング
6インプラント
手術
7抜糸
8アバットメント
装着
9クラウン装着

歯を抜かれた部分にインプラントを入れることで、綺麗かつ機能的に回復します。抜かれた本数によってはインプラントを土台としたブリッジも可能となる場合があります。

インプラントの構造

インプラントの構造

インプラントは、顎の骨に埋め込む「フィクスチャー(人工歯根)」、歯とインプラントを繋ぐ「アバットメント(支台)」、そして「人工歯(上部構造)」の3つの部分から構成されています。

骨造成

インプラントは骨の中に納める必要がありますが、骨が少なくなってしまった方は、人工骨等で骨量を回復した上でインプラント治療を行います。造成した骨は約半年でご自分の骨に置き換わっていきます。

骨造成

骨造成

All on 4~8

All on 4~8

総入れ歯でしっかり物を咬みたい方にお勧めの治療法です。インプラントスクリューを4~8本入れ、その上にブリッジ状に歯の頭部分を10~14本固定します。骨量、骨の硬さによっては、インプラントを入れた日に仮歯を装着することも可能となります。かぶせ物は固定性で違和感が少ない治療となります。

インプラント入れ歯

総入れ歯で治療費を抑えたい方にお勧めの治療法です。インプラントスクリューを2~4本を入れ、そのインプラントを固定源とした総入れ歯をお渡しします。取り外し可能な治療となります。

pagetop