みなみかしわ駅ノ歯科

Web予約
ご予約・お問合せ
04-7170-0083

みなみかしわ駅ノ歯科

MENU

小児歯科

PEDIATRIC DENTISTRY

小児歯科

小児歯科担当医・保育士在籍、託児室併設。
お子さんは楽しく、ご家族皆さんが
安心して通える環境です。

当院の小児歯科5つのポイント
Point

1:保育士さん在籍・託児室併設

「こどもと一緒だと迷惑かも」「1人で遊ばせておくのが心配」
こうしたお悩みから、歯科医院に来たくても足が遠ざかってしまっている親御さんも多いはずです。
当院は保育士が在籍しており、託児室も併設しております。
親御さんの診療中は、保育士が責任をもってお子さんをお預かりします。託児室はおもちゃや絵本もたくさんありますので、待ち時間を楽しく遊んでお待ちいただけます。
どうぞ、ご家族皆さんでご来院ください。

2:親子で夢中になれるキッズスペース

キッズスペースはこどもだけのもの、と思っていませんか?
当院のキッズスペースは、お子さんと親御さんが一緒に楽しめるように、レトロなテレビゲームもご用意しております。
もちろん、おもちゃや絵本もたくさんご用意しておりますので、お子さんだけでも楽しくお過ごしいただけます。

3:ママさんスタッフが多数在籍

当院はママさんスタッフが多数在籍しておりますので、お子さんの治療のアシストや、親御さんの治療中のお世話まで安心してお任せください。
同じく子育てを経験したスタッフですので、歯科に限らず、幼稚園や学校などの育児相談をしていただいたり、お子さんのお話しもぜひお聞かせください。

4:お子さんに合わせた優しい診療

当院の小児歯科治療ではTell・show・Do法(何をするかお話して、使うものをお見せして、実際に一緒に取り組んでみるという方法です)を取り入れています。
お子さんの不安や怖い思いを軽減できることから、小児歯科専門歯科医院では、よく取り入れられている手法です。
治療を頑張ったお子さんにはお楽しみのプレゼントもあります!

5:小児矯正もお任せください

月に2回(平日1回、土曜1回)、大学病院で矯正歯科を専門にしている歯科医師を呼んで、矯正治療を行っています。
矯正治療の適切なタイミングは目安はあるものの、歯並びの状態が関係するため、正確な時期は十人十色です。
相談は無料で行っておりますので、お子さんの歯並びが気になられましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

当院の小児歯科治療
Pedodontics

むし歯治療、予防治療、外傷(ケガ)治療など、お子さんのお口周りでお困りのこと、気になることがありましたらご相談ください。

当院の小児歯科治療の方針

「歯医者さんに慣れること」が、むし歯を少なくする第一歩です!

こどもの頃に歯科医院で嫌な思いをしてしまうと、その印象が強く残り、大人になっても歯科医院が嫌な場所に感じてしまいます。
そうなると歯科医院に進んで行こうと思わなくなり、むし歯や歯周病の原因になるだけでなく、全身の健康にも悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

当院はいきなり治療を始めることはありません。まずは「歯科医院は嫌な場所じゃない」ということをお子さんに実感してもらうことから始めます。
歯科医院の場所に慣れてきたら、椅子に座ってもらう、お口を触らせてもらう、一緒に歯磨きをする…と少しずつ段階を踏んで治療を進めていきます。

もし、今、歯医者さんが苦手になってしまってお困りのお子さんがいらっしゃいましたら、当院にご相談ください。一緒に克服していきましょう。

むし歯の治療

残念ながらむし歯があった場合は、CR(コンポジットレジン/歯科用プラスチック)を使った治療を行います。
むし歯を取り除いた場所に、直接CRを充填し、詰める方法です。金属の詰め物よりも歯にかかる負担が少なく、見た目も天然の歯とほとんど変わらない仕上がりになります。

外傷の治療

歩きはじめたお子さんは、転んで歯をぶつけることがよくあります。
ぶつけてからすぐに処置が必要な場合もあるため、気が付いたらお早めにご連絡ください。

歯並びの治療

矯正歯科医による小児矯正歯科を行っております。
歯列矯正は大人になってからでも十分できますが、子どもの頃に矯正治療を行うことで、お口にかかる負担が少なく治療できることがあります。
お口の中で目立ちにくい、歯の色になじむ半透明の装置(レジン・プラスチック)、白色のワイヤーの扱いもあります。

当院の小児予防歯科
Preventive

予防歯科は健康だけでなく、時間やお金も守ります

健康維持のために

乳歯がむし歯になってしまうと、永久歯もむし歯になりやすくなる、歯並びが悪くなるなどの成長に影響が出ることもあります。また、歯や顎は全身の成長にも非常に重要で、お口の健康状態が悪影響を及ぼす可能性もあります。
だからこそ、むし歯は作らないに越したことはありません。
もしできてしまっても、次に作らないようにすることがとても大切です。

乳歯のむし歯はご家庭では見つけにくく、また進行が早いことが特徴です。
「むし歯はない」と思いこまずに、定期的に歯科医院を受診し、プロの目でむし歯の有無や、口腔ケアの状態を確認することが大切です。

不必要な時間やお金を失わないために

先進国では歯科医院は「予防のために通う場所」という意識が多い中、日本は予防の意識が低く、歯科医院は「治療のために通う」と思ってらっしゃる方がほとんどです。
歯は一度悪くなってしまうと治療は長期化しやすく、お金もかかります。
治療に使う時間やお金を、ご家族やご自身のために使うためにも、予防はとても大切です。

予防歯科で行うこと

定期的な通院で、むし歯の有無の確認、歯垢や歯石の清掃、歯みがき指導、フッ素塗布、必要に応じてシーラントなどを行います。
口腔内の状態は2~3ヵ月で変化し、6ヵ月もすると大幅に変わってしまいます。個人の口腔環境に適した間隔で定期検診をご案内いたします。

フッ素塗布

フッ素は、ミネラルの一種で歯の表面のエナメル質を強化する性質をもった物質です。
乳歯や生えたての永久歯は軟らかく、むし歯になりやすい状態です。フッ素を塗布することで歯が硬くなり、むし歯を防ぐことができます。
生後6ヵ月から塗布可能です。
むし歯がない段階から塗布していくことで、むし歯0の人生になる確率が高まります。

シーラント

むし歯になりやすい箇所の一つとして、歯の溝が挙げられます。シーラントは、その歯の溝をフッ素を配合した歯科用樹脂で埋めることでむし歯を防ぐ予防処置です。
お子さんが口をずっと開けられるようになりましたら、唾液を巻き込まずに材料がしっかりくっつくので、シーラント開始のタイミングです。

小児歯科担当医のご紹介
Doctor

「子供が大好き。優しく何でも相談できる先生」を目指しています。

松本先生 丹下先生

皆さん、初めまして。松本と申します。
私はこれまで大学病院にて口腔外科を学び、開業の先生の元で一般小児歯科を、総合病院にて訪問診療を行い、小児から御高齢の患者さんまで様々な治療に携わらせていただきました。

私の信念は、「患者さんの立場になって、親身に治療を行う」ことです。
「歯科は苦手」、「先生が怖そう」等のイメージを持たれている方は多いと思います。
私自身、学生時代は歯医者が苦手でした(笑)。

自らの経験をもとに、歯科が苦手な患者さん、お子さんが持たれているイメージを払拭できるような「優しくて何でも相談できる先生」を目指し、日々研鑽を積んでおります。

特に子供の頃に、一度でも歯医者を怖いと思ってしまうと、痛くなっても我慢してしまい、来院いただく頃には症状がかなり進行してしまっているというような患者さんをよくお見掛けします。
未来ある子供たちには「生涯むし歯ゼロ」、「歯医者さんは怖くない」と考えてもらえるよう、そのお手伝いをしたいと考えております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

pagetop