みなみかしわ駅ノ歯科

Web予約
ご予約・お問合せ
04-7170-0083

みなみかしわ駅ノ歯科

MENU

小児歯科

PEDIATRIC DENTISTRY

当院の小児治療3つのポイントPediatric dentistry

1:こだわりのキッズルーム

こだわりのキッズルーム
こだわりのキッズルーム

お子さんはもちろん親御さんにも待ち時間を楽しくお過ごしいただけるように、おもちゃだけでなく、懐かしのテレビゲームもご用意しております。

2:ママさんスタッフが多数在籍

ママさんスタッフが多数在籍

お子さんとご一緒の来院には不安や心配があるという親御さんもどうぞご安心ください。
当院には自慢のママさんスタッフが多数在籍しております。
お子さんの治療のアシスト、親御さんの治療中のお世話まで安心してお任せください。

3:優しく・楽しく治します

こだわりのキッズルーム

お子さんが不安や怖い思いをしないように、Tell・show・Do法(何をするかお話して、使うものをお見せして、実際に一緒に取り組んでみるという方法です)を取り入れています。
治療を頑張ったお子さんにはお楽しみのプレゼントもあります!

こどもの
むし歯治療Pediatric dentistry

小児歯科

小児歯科

子どもの頃に嫌な思いをしてしまうと、大人になっても、その感情を引きずってしまいます。そうなってしまうと歯医者に進んで行こうと思わなくなり、歯だけでなく、体全体の健康にも悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

当院では、決して無理強いはいたしません。お子さんのペースに合わせて、少しずつ段階を踏んで治療を進めていくことが最も大切だと考えています。また、むし歯がなく、削らないに越したことはありません。当院では、フッ素塗布、シーラントといった予防にも力を入れています。
現在、口腔内に問題がなくても、一度お子さんと一緒に受診されてはいかがでしょうか。

CR(コンポジットレジン)

むし歯を取ってから直接コンポジットレジン(白い詰め物)という樹脂をつめることで治療します。
綺麗に仕上げるため、各種色調のコンポジットレジンを揃えています。

外傷

お子さんは歩き始めると、転んで歯をぶつけることがよくあります。ぶつけてからすぐに処置が必要な場合もあるため、気付いたらお早めに御相談ください。

こどもの
予防歯科Pediatric dentistry

予防歯科の大切さ

先進国の中で、日本は未だ予防の意識が低く、歯科を受診される方は、治療のためということがほとんどです。
一度悪くなってしまうと治療は長期化しやすく、金額もかかります。特にお子さんのむし歯は、永久歯の成長だけでなく、全身の成長にも悪影響を及ぼすため、口腔環境はとても大切です。
口腔内の状態は大人もお子さんも2~3ヵ月で変わっていき、6ヵ月もすると大幅に変わってしまいます。当院では、個々人に合った適切な間隔で定期検診を実施して、病変の早期発見、健康な口腔状態の維持に努めています。

フッ素

フッ素とは、ミネラルの一種で歯の表面のエナメル質を強化する性質をもった物質です。乳歯、生えたての永久歯は軟らかいものですが、フッ素を塗布することで歯が硬くなり、むし歯を防ぎます。生後6ヵ月から塗布可能です。むし歯がない段階から塗布していくことで、むし歯0の人生になる確率が高まります。

シーラント

むし歯になりやすい箇所の一つとして、歯の溝が挙げられますが、あらかじめ専用の材料で埋めることでむし歯を防ぎます。お子さんが口をずっと開けられるようになりましたら、唾液を巻き込まずに材料がしっかりくっつくので、シーラント開始のタイミングです。

こどもの
矯正歯科Pediatric dentistry

歯並びを整える大切さ

歯列矯正は大人になってからでも十分できますが、子どもの時期から矯正を行うことによって、より理想的な状態に治療できることがあります。

大人は顎骨の成長がすでに終わってしまっているので歯を動かすことが目的の矯正になってしまいますが、お子さんは成長段階にあることから、ある程度顎の成長をコントロールしながら、成長に合わせた矯正治療を行うことができるためです。

当院の小児矯正では、お口の中で目立ちにくい、歯の色になじむ半透明の装置(レジン・プラスチック)、白色のワイヤーの扱いもあります。

小児歯科医Dentist

「子供が大好き。優しく何でも相談できる先生」を目指しています。

松本健司先生

これまで大学病院にて口腔外科を学び、開業の先生の元で一般小児歯科を、総合 病院にて訪問診療を行い、小児から御高齢の患者さんまで様々な治療に携わらせて頂きました。

「患者さんの立場になって、親身に治療を行う」を信念としております。
「歯科は苦手」、「先生が怖そう」等のイメージを持たれている方は多いと思います。私自身、学生時代は歯医者が苦手でした(笑)。

自らの経験を元に、歯科が苦手な患者様、小児のお子様が持たれているイメージ を払拭出来るような「優しくて何でも相談できる先生」を目指し、日々研鑽を積んでおります。

特に子供の頃に、一度でも歯医者を怖いと思ってしまうと、痛くなっても我慢してしまい、来院頂いた頃には症状がかなり進行してしまっているという様な患者さんをよくお見掛けします。
未来ある子供たちには「生涯むし歯ゼロ」、「歯医者さんは怖くない」と考えてもらえるよう、そのお手伝いをして参ります。

pagetop