みなみかしわ駅ノ歯科

Web予約
ご予約・お問合せ
04-7170-0083

みなみかしわ駅ノ歯科

MENU

一般歯科

GENERAL DENTISTRY

むし歯Tooth decay

むし歯
齲蝕

むし歯

むし歯とは、歯の表面の汚れ(細菌)が生産する酸によって、歯が溶けている状態を指します。溶かされて1回穴になってしまうと削らない限りは治りません。出来てしまった穴が神経に近接、到達すると激痛、しみる等の症状が現れます。

二次むし歯
二次カリエス

銀歯等は接着材で御自身の歯に固定して治療しますが、接着剤は材質によっては年月が経つと唾液中に溶けてなくなり、接着材がもとあったところに隙間ができてしまいます。その隙間にむし歯菌が入り込んで、銀歯等の内側で進行したむし歯を二次むし歯と言います。二次むし歯は目で銀歯等のふちを確認するか、レントゲンで確認するかして診査しますが、銀歯を外さないと二次むし歯であるか確認できないこともあります。

当院では、二次むし歯の疑いが強い場合を除いて、不必要に銀歯を外して治療する方針を採りませんが、もし心配であれば外して銀歯の中を確認します。

直接つめる治療
レジン充填

前歯の浅いむし歯や、奥歯の咬む面にできた浅いむし歯は、むし歯をとった後に白い樹脂をつめることで治療する方法があります。

前歯

むし歯を取ってから直接コンポジットレジン(白い詰め物)という樹脂をつめることで治療します。
綺麗に仕上げるため、各種色調のコンポジットレジンを揃えています。

奥歯の咬む面

むし歯を取ってから直接コンポジットレジン(白い詰め物)という樹脂をつめることで治療します。

型取り後つめる治療
インレー

奥歯の歯と歯の間

奥歯の歯と歯の間にできたむし歯は、むし歯をとった後に、型取りをして、作製した物をつめることで治療する方法があります。

歯と歯の間のむし歯は、直接詰めると歯とつめた物の間のステップを確認しづらい場合があるため、その場合は、型取りして作製した物をつめることで精度の高い治療となります。
回数は2~3回かかります。
詰め物(インレー)の材質は各種取り揃えがあります。

かぶせ物
クラウン

かぶせ物(クラウン)は、歯茎から出ている健康な歯が1.5mm以上残っていて、かつ土台を入れた歯の丈が3.5mm以上の場合、外れづらい物になります。

むし歯が重度に進行し、健康な歯が少なくなってしまっている場合、外れやすいかぶせ物しかできないこともあります。その場合、その歯を残すか抜くかどうか御相談の上決めていきます。
回数は3~4回かかることが多いです。
かぶせ物(クラウン)の材質は各種取り揃えがあります。

歯の中の感染Infection in teeth

歯の神経の痛み
歯髄炎

歯の神経の痛み

歯の中には神経が入っている空間があります。
歯の中の空間にある神経がむし歯菌等でダメージを受けると、歯の神経の痛み(歯髄炎)が引き起こされることがあります。

歯の中の感染
根尖性歯周炎

歯の中の空間に細菌が繁殖すると、細菌が歯の中からあふれ出して、歯の先端部分に膿等がたまっている状態を根尖病変と言います。

膿が急速に蓄積すると内圧が上昇し、痛みが引き起こします。
歯の中に棲みついた細菌を除去し、治療します。ただし、細菌の除去は徹底的に行いますが、膿が1回たまってしまうと、100%の治癒は難しい場合があることをご了承ください。

神経治療・感染した
根の治療
根管治療

ダメージを受けた神経や汚染物質を専用の器具でかき出して、歯の中の空間をきれいにするのが神経治療・根の治療です。

神経治療・感染した根の治療(根管治療)後は、かき出す治療の刺激によって、一過性に炎症が強まり、痛みが出ることがありますので、御了承ください。また、感染の場合、細菌の除去は徹底的に行いますが、膿が1回たまってしまうと、100%の治癒は難しい場合があることをご了承ください。
きれいにした後は、もとあった空間に材料をつめて、細菌が繁殖しないように密閉空間にして仕上げます。
回数は3~4回かかることが多いです。

pagetop