みなみかしわ駅ノ歯科

Web予約
ご予約・お問合せ
04-7170-0083

みなみかしわ駅ノ歯科

MENU

入れ歯・義歯

DENTURE

入れ歯・義歯Denture

当院の入れ歯担当医は、診療に携わっていた大学病院や訪問診療先にて入れ歯の調整・製作を行って参りましたので、安心してお任せください。
また、入れ歯は多くの種類がありますが、多種多様なお悩みを解決できるように様々な種類に対応しております。

入れ歯のお悩みがありましたら、ご相談だけでも構いません。
どうぞお気軽にご来院ください。

当院の入れ歯・義歯製作の特徴Feature

製作・アフターフォローへのこだわり

製作のこだわり

入れ歯は歯科治療の中でも難易度の高い治療と言われております。
当院では精密な診査を行い、医学的・力学的な観点から適切な設計、術式、材料を導き出し、保険診療内でもご満足いただける入れ歯を製作することをモットーとしております。

さらに、入れ歯に特化した歯科技工所と連携しております。
状況に応じて歯科技工士立ち合いのもと製作を行うことで、高精度の入れ歯のご提供が可能です。

アフターフォローへのこだわり

顎や粘膜をはじめ口腔環境は日々変化しています。そのため、使い続けていくと、口腔環境の変化によって入れ歯が合わなくなることがあります。
当院は”作りっぱなし”ではなく、上記のような定期メンテナンスの重要性をお伝えし、長く快適にお使いいただける入れ歯をご提供したいと考えております。

入れ歯の保険診療・自由診療について

自由診療はあくまでも選択肢の一つとしてご提案いたします

当院で製作する入れ歯は、保険診療内でもその機能にご満足いただけるものだと自負しております。
しかし、より見た目を綺麗にされたい、違和感少なくしたいなどのご希望がある場合は、使用する素材・手法を変更し、自由診療で製作することも可能です。
現在の入れ歯に関するお悩みを伺った上で、保険診療内で選択できる適した治療、自由診療で選択できる適した治療をご説明いたします。
患者様にとって最も良いと思われた方法をお選びいただき、治療を進めて参ります。

入れ歯についてDenture

入れ歯は大きく分けて部分入れ歯、総入れ歯があります。

部分入れ歯

部分入れ歯は残っている歯が台形状に位置している場合、部分入れ歯の両脇に歯が位置している場合、安定しやすいです。
歯の残っている位置によっては、総入れ歯の方が安定する場合があります。

総入れ歯

入れ歯を歯茎に吸盤のように吸い付かせて使用するものです。
部分入れ歯に比べると安定しないことが多いです。天然の歯に比べると、咀嚼能率は30%程になってしまいます。
吸盤は面積が大きく、フィットしている程、吸着力が強くなります。
下の総入れ歯は、舌があるために上の総入れ歯に比べて面積が小さく、安定しないことが多いです。

入れ歯の種類

当院では口腔内の状態や患者様のご要望に幅広くご対応できるように、様々な種類の入れ歯の製作が可能です。
ここでは当院の特徴的な入れ歯をご紹介いたします。

金属床

金属床

総入れ歯のプラスチック床部分を金属にした入れ歯です。(左が保険のプラスチック、右が金属床です)
プラスチックに比べて薄いため違和感が少なく、汚れの付着が少ないため清潔に保つことができます。
また、食べ物の温度が伝わりやすく、食事が美味しく召し上がれます。

BPSデンチャー

BPSデンチャー(Biofunctional Prosthetic System)

BPSはヨーロッパ・リヒテンシュタインにおいて確立された世界最先端の入れ歯作製システムを使用した入れ歯です。
よく咬める・痛みが少ない・外れないといった機能性はもちろん、美しい見た目に仕上がる非常に優れた入れ歯を製作することができます。

BPSデンチャーは、BPSに認定を受けた歯科医師・歯科技工士がフルオーダーメイドで製作します。
通常の入れ歯の場合の型取りは1回ですが、BPSデンチャーの場合は複数回(平均4回程度)に渡って型採りを行い、筋肉や顎の状態、かみ合わせなども含めて精密にデータを採取します。

コンフォートデンチャー

コンフォートデンチャー

歯茎に当たる部分にやわらかく、吸着力のある特殊なシリコーン素材を使用した入れ歯です。
素材がやわらかいため痛みがなく、歯ぐきに負担がかかりません。また、吸着力に優れているため外れにくく、しっかり咬むことができます。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

歯根にマグネットを埋め込み、その上にマグネットを埋め込んだ入れ歯を装着する方法です。
バネを使用しないため見た目に美しく、外れにくい、違和感が少ないといった特徴もあります。

コーヌステレスコープデンチャー

ドイツ式コーヌステレスコープデンチャー(コーヌスクローネ)

一般的な部分入れ歯は固定源になる歯にバネを引っかけますが、コーヌステレスコープは固定源の歯を削り、支柱にします。
その上に連結した人工歯を被せることで、安定して咬めるようにすることができます。
見た目の綺麗さで最も優れているる方法です。「インプラント治療は怖いけど普通の入れ歯は使えない」という方にお勧めです。

ノンクラスプ

ノンクラスプデンチャー

バネが金属ではなく、特殊な樹脂でできたタイプの部分入れ歯です。そのため、見た目が非常に美しい仕上がりになります。
従来のノンクラスプデンチャーは修理できませんでしたが、当院では修理可能なもので作製することができます。ランニングコストを抑えることができます。

ブリッジ

ブリッジ

歯を失った場所の両脇に天然歯がある場合、それを支えにしてブリッジ治療が可能です。
ブリッジはかぶせ物を連結して作製し、支えの歯の上に装着します。支えの歯の負担が増し、歯磨きがしづらい箇所ができますが、しっかり咬むことができます。
連結している下の部分は歯間ブラシで磨くことをお勧めします。

インプラント

インプラント1本単独

歯を失った部分に人工歯根を埋入し、人工歯を被せる方法です。機能・見た目ともに天然歯とほぼ同等になります。
歯を失った本数によっては、インプラントを土台としたブリッジも可能となる場合があります。

料金表Price

部分義歯

片側クリアクラスプ義歯 118,000円
両側クリアクラスプ義歯 158,000円

(表示価格は全て税抜です)

総義歯

コバルト金属床 300,000円
チタン金属床 400,000円
BPSデンチャー 500,000円
自費入れ歯プラスチック床 49,000円
マグネット 49,000円

(表示価格は全て税抜です)

pagetop