みなみかしわ駅ノ歯科

Web予約
ご予約・お問合せ
04-7170-0083

みなみかしわ駅ノ歯科

MENU

予防歯科

PREVENTIVE DENTISTRY

予防歯科Preventive dentistry

お口の健康増進

予防歯科について

予防歯科

先進国の中で、日本は未だ予防の意識が低く、歯科を受診される方は、治療のためということがほとんどです。
一度悪くなってしまうと治療は長期化しやすく、金額もかかります。しかし、治療が必要だとしても早期発見された軽度の病変であれば治療回数、金額も抑えることができます。口腔内の状態は2~3ヵ月で変わっていき、6ヵ月もすると大幅に変わってしまう方もいます。当院では、個々人に合った適切な間隔で定期検診を実施して、病変の早期発見、健康な口腔状態の維持に努めています。

スクリーニングの大切さ

複数の人間のチェックが入ることで、病変の見落としは大幅に減らすことが可能です。専門の知識を有する、歯科医師、歯科衛生士がチェックを行い、口腔内の異常を早期に発見していきます。歯石に隠れて歯科医師も見つけられなかったむし歯も、クリーニングにより歯石を除去することで、歯科衛生士が発見できることもあります。

予防歯科

状態を詳しくお調べし、データベース化し、患者さん毎の予防プログラムを御提示します。

定期検診

むし歯治療後

むし歯のリスクがあるため、目安として3ヵ月以上経つと新たなむし歯ができることがあります。

歯周病治療後

歯周病は生活習慣病の一種で、症状が出づらいため、進行させないため定期検診とクリーニングが重要です。
軽度歯周病の方は、目安として3ヵ月以上経過すると悪化することがあります。 中等度~重度歯周病の方は、目安として1ヵ月以上経過すると悪化することがあります。

治療箇所がない方

年齢、お口の中のリスク因子によって変化のスピードは異なります。
約6ヵ月経つと、どなたもお口の中に変化が起きてきます。その変化が問題ないかどうか確認とクリーニングを行うことでお口の中のトラブルを未然に防ぎ、より良い状態へ進めていきます。
リスク因子の検査では、磨き残しの付着具合、唾液中の細菌の種類等を調べます。

お子さん

3ヵ月毎にフッ素を塗ることで歯が強化され、むし歯への抵抗力が高まります。
シーラントを詰めるフッ素の補助的なものですが、効果は高いです。歯医者になじんでもらうためにも3ヵ月に1回はむし歯チェックとフッ素を塗ることをお勧めします。
なるべく楽しんでもらいたいので、処置が終わったあとはおもちゃのプレゼントを差し上げています。

pagetop