みなみかしわ駅ノ歯科

Web予約
ご予約・お問合せ
04-7170-0083

みなみかしわ駅ノ歯科

MENU

歯周病治療

PERIODONTAL DISEASE

歯周病
Periodontal disease

歯周病
歯槽膿漏

歯周病

歯周病とは、磨き残し、歯石(硬い汚れ)が原因で、歯の周囲の骨が溶けていく病変です。骨が溶けず、歯茎の炎症にとどまっている病変は歯肉炎といいます。

歯周病は慢性疾患の一種とされ、30歳を境に徐々に罹患する方が増えていきます。激烈な症状が出にくいため、気付かない内に進行していることが多いですが、一度罹患すると完治は難しくなります。現代の医療では骨の再生療法は適応症が限られており、罹患しないように予防していくことが大切になります。

歯磨きの練習
TBI

予防で最も大切なことは、御自身による日々の口腔内の清掃です。個々人に合った磨き方があり、歯科医師、歯科衛生士により適切な方法をアドバイスしていきます。

歯石除去
スケーリング

超音波の器具等を使用し、歯石を除去する治療です。既に歯周病に罹患している方もまだ健康な歯茎の方も必要な治療です。

磨き残しにより歯垢は、2~3ヵ月、場合によっては数週間で硬い歯石になります。歯石は歯ブラシで除去できないため、専門の器具による除去が必要です。
歯石を放置すると、歯と歯茎が引きはがされ、歯周ポケットとなり、歯茎の下の骨も溶かされて歯周病になってしまいます。歯周病の進行を食い止めるため、健康な方は歯周病に罹患しないため大切な治療です。
超音波の器具で除去するとしみる方、怖い方は、手用の器具で除去します。

歯の研磨
PMTC

歯の表面の汚れを電動のブラシ、研磨器具で清掃します。研磨の効果もあるため、歯の研磨(PMTC)をすると歯の表面の舌感がよくなり、艶がでます。歯石取りを行った直後の歯面はザラザラして粗造な状態です。
その状態は新たに汚れが付着しやすいため、専門の研磨剤が入った電動ブラシで研磨する必要があります。むし歯、歯周病にないにくい環境を整えることができます。

歯周ポケット内の歯石除去
SRP

歯周ポケット奥深くにたまってしまった歯石は歯ブラシで除去することはきないため、専用の器具で除去する必要があります。除去の際、痛みが出る場合は局所麻酔を行います。

歯周外科:歯周ポケット内の歯石が見える状況下に歯茎を処置して歯石除去を行う治療法です。また、歯茎の形を審美的に整える方法、清掃しやすい形やクラウン(かぶせ物)に適した形に整える方法のことも指します。

pagetop